-shared-img-thumb-JK92_udekumu20150208091355_TP_V3

 

もうすぐ夏。
サンダルをはく機会が多くなる季節です。
普段から手の爪にネイルを施している人は沢山いますよね。

だけど足の爪はどうですか?
冬や春は涼しめで靴をはくからいっか!と足先のお手入れをついつい怠けてしまいがちです。
かくいう私も夏直前になって足先のお手入れをしていないことを思い出して慌ててしまいます。
今回は男受け間違いなしの夏服にぴったりなネイルをご紹介します。

1.ネイルカラーとネイルデザイン

足の指を飾るフットネイル
靴をはくことが多い季節はどうせ足の爪なんて見えないし、とネイルをしない人も多いと思います。
私は少しネイルが剥がれると気になってしまい、どうせ誰も見ないのに剥がれたネイルを修復するのが面倒だとネイルを塗りません。

ですが夏は夏服に合わせてサンダルをはくことが多くなります。
ですがそこで爪が裸のままだと少し寂しいです。

夏は綺麗な素足を見せ、おしゃれに手を抜かず足の爪にまできちんとお手入れされていることをアピールするチャンスです。
夏にぴったりなネイルカラーとデザインを紹介します。

ネイルカラー

・ブルー

青系のカラーは涼しげでクールに見せることができます。
パールやストーンをつけることでクールな可愛さをアピールできオシャレ感もアップします。

涼しげな色合いは見ていて涼しくなり男受けも抜群で、夏の青く輝く海にもぴったりのカラーです。

・ベージュ

肌に馴染むカラーは透明感があり薄着の夏服と足元涼しげなサンダルとの相性ばっちり

夏はオフィスでも気は抜けない。
シンプルで大人っぽく仕上がるためオフィス用のネイルとしてももってこいです。
肌馴染みのいい落ち着いたカラーでデキる女をアピールできます。

・レッド

情熱的なレッド。
白いサンダルや白を基調とした夏服と合わせると爪の赤色がよく目立ちます。

涼しげな色が多い中でレッドはとても目立ち男性の目を引くこと間違いなしです。

・オレンジ

パステルで鮮やかなオレンジが夏らしい印象を与えます。
海に太陽を思わせる夏にぴったりの夏ならではのカラーです。

オレンジにゴールドのラメを入れることで少しゴージャスにすることもできます。

・イエロー

イエローはオレンジとの相性が抜群です。
イエローとオレンジを合わせることで元気でポップな可愛さをアピールできます。

ドットなどデザインをシンプルにすることで落ち着いた可愛らしさにすることもできます。

・ブラック

夏服や水着と合わせてセクシーで大人な女性を演出できます。
さらにブラックはレッドやビビッドピンクとの相性もばっちりです。

単色に塗られたブラックの上に控えめにパールを乗せることでエレガントなイメージになります。

bsN853_udewokumukoibito

 

ネイルデザイン

・マリンボーダー

マリン調のネイルは夏にぴったり。
青と白なら落ち着いたイメージに、オレンジと白なら可愛く若々しいイメージに早変わりです。

・フラワーアート

夏祭りで浴衣を着る人も多いはず。
フラワーアートなら浴衣などの和服にもぴったり。

おしとやかに美しく見せることができます。

・ギンガムチェック

爽やかなイメージのギンガムチェックは涼し気な夏服との相性抜群です。

カラー次第でさまざまな雰囲気を演出できるので色々と試してみるのも楽しいです。

・ドット

服装が派手めなら爪は少しシンプルに。
派手めな服装にシンプルなデザインのフットネイルが映えます。

明るいカラーにすればシンプルかつ可愛く仕上がります。

・花柄

花柄といえば春をイメージしますがそんなことはありません。
ひまわり柄にすれば夏らしく元気な印象を与えてくれます。

・タイダイ柄

夏といえばエスニック調のタイダイ柄です。
オレンジとブルーのカラーリングにすれば輝く海と眩しい太陽を思わせる夏らしいデザインになります。

2.爪のお手入れ

ネイルは爪を可愛く見せることができますが、いくらネイルのカラーやデザインが可愛くても爪のお手入れがされてなければ可愛さも半減です。

逆に爪のお手入れがしっかりされていればさらに可愛く見せることが出来るんです。

爪のお手入れで大事なのは「爪だけを手入れしようとするのではなく、手全体をお手入れすること」です。
乾燥予防のハンドクリームは爪や爪の周り皮膚にもしっかり塗ることが重要です。
他にもやすりで爪の形をしっかり整え、爪を磨いて光沢を出すだけでも十分変わります。

いかがでしたか?
爪を可愛く見せることはもちろん大事。ですが、ネイルを塗る前にちゃんと爪をケアすることが大切です。
ネイルだって塗っているのといないのとでは大きな差が生まれます。
見えにくい足の爪まで気を抜くことなく最高の夏にしましょう。